田内知(たうち さとる)

田内知の墓(2014年) [1839~1867]新選組隊士。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (墓正面「田内知 重次」) ウィキペディア で調べる。

加藤羆(かとう ひぐま)

加藤羆の墓(2014年) [?~1867]新選組隊士。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (右側面「加藤羆 正徳」) ウィキペディア で調べる。

柴田彦三郎(しばた ひこさぶろう)

柴田彦三郎の墓(2014年) [1839~1866]新選組隊士。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (右側面「柴田彦三郎 忠興」) ウィキペディア で調べる。

河合耆三郎(かわい きさぶろう)

河合耆三郎の墓(2014年) [1838~1866]新選組隊士。勘定方。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (右側面「河合耆三郎 吉輝」) 壬生寺(京都府京都市)にある供養塔(2014年) (墓正面「河合...

野口健司(のぐち けんじ)

野口健司の墓(2014年) [1843~1864]新選組隊士。副長助勤。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「野口健司墓」) ウィキペディア で調べる。

新田革左衛門(にった かくざえもん)

新田革左衛門の墓(2014年) [?~1864]新選組隊士。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「新田革左衛門墓」) ウィキペディア で調べる。

葛山武八郎(かづらやま たけはちろう)

葛山武八郎の墓(2014年) [?~1864]新選組隊士。伍長。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「葛山武八良墓」) ウィキペディア で調べる。

奥沢栄助(おくざわ えいすけ)

奥沢栄助の墓(2014年) [?~1864]新選組隊士。伍長。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「奥沢栄助墓」) ウィキペディア で調べる。

安藤早太郎(あんどう はやたろう)

安藤早太郎の墓(2014年) [1821~1864]新選組隊士。副長助勤。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「安藤早太良墓」) ウィキペディア で調べる。

平山五郎(ひらやま ごろう)

平山五郎の墓(2014年) [1829~1863]新選組隊士。副長助勤。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「平山五郎之墓」) 過去の墓石(2005年) ウィキペディア で調べる。

田中伊織(たなか いおり)

田中伊織の墓(2014年) [?~1863]新選組隊士。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「田中伊織墓」) ウィキペディア で調べる。

阿比類鋭三郎(あびる えいさぶろう)

阿比類鋭三郎の墓(2014年) [1842~1863]壬生浪士組隊士。 壬生寺(京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31)に埋葬されています。 (墓正面「阿比原栄三良墓」) ウィキペディア で調べる。

鈴木三樹三郎(すずき みきさぶろう)

鈴木三樹三郎の墓(2017年) [1837~1919]新選組九番隊組長。御陵衛士。 東耀寺(茨城県石岡市若宮1-1-13)に埋葬されています。 (墓正面「鈴木忠良 墓」) ウィキペディア で調べる。

藤堂平助(とうどう へいすけ)

藤堂平助の墓(2008年) (右から二つ目) [1844~1867]幕末の武士。 千葉周作 に北辰一刀流をまなぶ。新選組が創設されると副長助勤、八番隊組長。慶応3年 伊東甲子太郎 とともに脱隊、御陵衛士となる。同年11月 近藤勇 により伊東が謀殺された際、現場へかけつけ...

谷三十郎(たに さんじゅうろう)

谷三十郎の墓(2016年) [?~1866]新選組七番隊組長。 本伝寺(大阪府大阪市北区兎我野町14−3)に埋葬されています。 (墓正面「谷累代之墓」) ウィキペディア で調べる。

井上源三郎(いのうえ げんざぶろう)

井上源三郎の墓(2008年) [1829~1868]新選組六番隊組長。 宝泉寺(東京都日野市日野本町3−6−9)に埋葬されています。 (墓正面「誠願元忠居士」) 墓地の全景 宝泉寺にある顕彰碑 ウィキペディア で調べる。

松原忠司(まつばら ちゅうじ)

松原忠司の墓(2014年) [?~1865]新選組四番隊組長。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (墓正面「松原忠司 誠忠」) ウィキペディア で調べる。

斎藤一(さいとう はじめ)

斎藤一の墓(2017年) [1844~1915]新選組三番隊組長。 阿弥陀寺(福島県会津若松市七日町4-20)に埋葬されています。 (墓正面「藤田家之墓」) 墓地の全景 ウィキペディア で調べる。

永倉新八(ながくら しんぱち)

[1839~1915]幕末から明治時代の武士、剣道家。神道無念流の剣士。蝦夷地松前藩を脱藩、新選組二番隊組長となり、池田屋襲撃にくわわる。慶応4年 近藤勇 とわかれて靖共隊を結成、今市、会津などでたたかう。のち藩にもどり、杉村義衛と改名。維新後は剣道をおしえた。著作に「新...

沖田総司(おきた そうじ)

沖田総司の墓(2009年) [?~1868]幕末の武士。陸奥白河藩藩士の子。江戸市ケ谷の試衛館で天然理心流の剣術をまなぶ。天才的剣士といわれ、のちに塾頭となる。文久3年 近藤勇 の新選組創設に参加。幹部として一番隊組長をつとめ、池田屋事件などで活躍したが、結核により慶応4...

伊東甲子太郎(いとう かしたろう)

伊東甲子太郎の墓(2008年) (左から二つ目) [1835~1867]幕末の武士。常陸志筑藩士鈴木忠明の長男。江戸に出、旗本伊東精一に北辰一刀流をまなび、その家督をつぐ。元治元年新選組にはいり参謀となったが、長州攻めをめぐって 土方歳三 らと対立して脱隊。 大久保利通...

山南敬助(やまなみ けいすけ)

山南敬助の墓(2014年) [1833~1865]新選組総長。 光縁寺(京都府京都市下京区綾小路大宮西入四条大宮町37)に埋葬されています。 (墓正面「山南敬介藤原知信墓」) ウィキペディア で調べる。

土方歳三(ひじかた としぞう)

土方歳三の供養塔(2008年) [1835~1869]幕末の武士。武蔵多摩郡の農家の出身。 近藤周助 に天然理心流の剣術をまなぶ。文久3年新選組結成に参加し、その副長として倒幕運動の警戒にあたり、池田屋事件などで活躍。鳥羽・伏見の戦いに敗れ、各地を転戦。 榎本武揚 のもと...

芹沢鴨(せりざわ かも)

芹沢鴨の墓(2014年) [?~1863]幕末の武士。常陸芹沢村の郷士。文久3年幕府募集の浪士組にくわわり京都にゆく。 近藤勇 、新見錦らと新選組を結成、局長となる。文久3年対立した近藤派の 沖田総司 らに暗殺された。変名は下村(木村)継次。 壬生寺(京都府京都市中京...

近藤勇(こんどう いさみ)

近藤勇の墓(2019年) (中央) [1834~1868]幕末の武士。 近藤周助 に天然理心流の剣をまなび、養子となる。文久3年幕府浪士隊にくわわり京都へゆく。のち 芹沢鴨 らと新選組を結成、副長のち局長として尊攘運動をとりしまる。鳥羽・伏見の戦いののち、甲府入城に失敗...

黒田清綱(くろだ きよつな)

黒田清綱の墓(2018年) [1830~1917]明治時代の官僚、歌人。 黒田清輝 の養父。東京府大参事、元老院議官などをへて明治33年枢密顧問官となる。和歌を八田知紀にまなび、宮内省歌所所長もつとめた。貴族院議員。子爵。通称は新太郎、号は滝園。歌集に「滝園歌集」「滝のし...

海江田信義(かいえだ のぶよし)

海江田信義の墓(2015年) [1832~1906]幕末から明治時代の武士、官僚。薩摩鹿児島藩士。江戸で藤田東湖にまなぶ。安政の大獄に際し、僧 月照 をまもり鹿児島へのがれた。文久2年武蔵生麦村でイギリス人を殺傷。慶応4年(1868)新政府軍参謀として江戸城をうけとる。維...

三島通庸(みしま みちつね)

三島通庸の墓(2017年) [1835~1888]明治時代の官僚。もと薩摩鹿児島藩士。酒田、鶴岡、山形、福島、栃木の県令をつとめ、各地で道路、学校、庁舎などの建設をおしすすめる。明治15年会津三方道路の建設強行で、対立する地元農民、自由党員を弾圧(福島事件)。18年警視総...

伊地知正治(いぢち まさはる)

伊地知正治の墓(2008年) [1828~1886]幕末から明治時代の武士、官僚。薩摩鹿児島藩士。軍役奉行をへて、戊辰戦争で東山道先鋒総督参謀となる。新政府で明治7年左院議長・参議、のち一等侍講、修史館総裁などを歴任し、17年伯爵、19年宮中顧問官となる。通称は竜右衛門。...

野津鎮雄(のづ しずお)

野津鎮雄の墓(2017年) [1835~1880]明治時代の軍人。 野津道貫 の兄。もと薩摩鹿児島藩士。戊辰戦争に参加。維新後、兵部省に出仕。明治5年陸軍少将となり、7年佐賀の乱の鎮圧につくす。のち熊本、東京の鎮台司令長官。西南戦争では征討第一旅団司令長官をつとめた。11...