森忠政(もり ただまさ)


[1570~1634]織豊から江戸時代前期の武将、大名。森可成の六男。兄長可の戦死で、美濃金山の遺領をつぐ。豊臣秀吉の没後は徳川家康について信濃川中島4郡をあたえられ、慶長8年美作津山藩主森家初代となる。幼名は千丸。

三玄院(京都府京都市北区紫野大徳寺町76)に埋葬されています。




高野山(和歌山県高野町)にある供養塔(2018年)




ウィキペディアで調べる。

関連記事と広告